ダブル女王の奴隷お披露目会 4

ミストレスランドの動画情報「ダブル女王の奴隷お披露目会 4」の詳細をご覧頂けます。

FavoriteLoadingこのコンテンツをお気に入りに追加する

ダブル女王の奴隷お披露目会 4 画像

ダブル女王の奴隷お披露目会 4 動画

ダブル女王の奴隷お披露目会 4 説明

マリア女王様は奴隷の指にエンピツを挟ませ足で踏んで苦しめ、三角木材を並べ正座させ背中に乗って全体重をかけ、足つぼマットをケインで叩きながら歩かせてから乗馬して這わせる。次に奴隷を床に寝かせるとロウソク責めで遊び、奴隷のパンツを脱がせるとチンポに直接ロウを垂らす、そして生チンポをケインで滅多打ちにすると奴隷は絶叫してもがき苦しむ。 チンポは見る見るうちに腫れ上がっていく。絶叫でノドがカラカラの奴隷にマリア女王様は聖水を当たり前のように放出して飲ませる。

ダブル女王の奴隷お披露目会 4-2 画像

ダブル女王の奴隷お披露目会 4-2 動画

ダブル女王の奴隷お披露目会 4-2 説明

女王様達は2人の奴隷を天井から吊るして立たせると1本鞭のショータイムを始める、鞭は容赦ない強さで奴隷達の体は見る見るうちにボロボロになっていく、しかしお楽しみはこれからである、女王様達は奴隷達のパンツを脱がせチンポ丸出しにするとターゲットはチンポに移り強烈な鞭が生チンポに襲い掛かる、奴隷達は気が狂わんばかりにもがき苦しむが女王様達は笑いながら鞭をチンポに的確にとらえさせチンポは変色し腫れ上がる。妖湖女王様は便意をもよおすと奴隷に皿を持たせ黄金を搾り出す、大量の黄金が皿に落ちると妖湖女王様は奴隷の頭をヒールで踏んで顔を黄金に押し付け食べさせ始める。

動画情報メーカー情報メーカー他作品
【動画メーカー】
ミストレスランドダブル女王の奴隷お披露目会 4
作品名:ダブル女王の奴隷お披露目会ダブル女王の奴隷お披露目会 4
ダブル女王の奴隷お披露目会 4
【動画詳細】
妖湖女王様の屋敷にマリア女王様が遊びに来ることになった、妖湖女王様は粗相をして恥をかかせないように自分の奴隷達に言い聞かせ、奴隷達を人間テーブルにして待っているとマリア女王様は自分の奴隷を連れてやって来た。女王様達はそれぞれが調教を重ねてきた奴隷達の忠誠度、耐久度、開発度などをお披露目し合い、久々の再開を祝って奴隷達を使い夜通しいじめ遊ぶことにした。奴隷達はご主人様に恥をかかせないように耐え忍ぶのだが女王様達の責めは激しく地獄を見る羽目になる。
出演女優:マリア(女王様)、妖湖(女王様)

【English Description】
Mistress Maria is coming to visit Mistress Youko at her mansion. Mistress Youko told her slaves not to embarrass themselves by being crude, and as she waited for them at the human table, Mistress Maria arrived with her own slaves! The Mistresses show off the loyalty, endurance, and development of the slaves they have each trained, and to celebrate their long-awaited reunion, they decide to play with the slaves and tease them throughout the night. The slaves endure so as not to humiliate their masters, but the torment of the queens is so intense that they have to watch hell break loose.
Actress:Mistress Maria、Mistress Yoko

【販売メーカーオトク情報】
詳細はミストレスランドダブル女王の奴隷お披露目会 4にてご確認ください。

【作品名】
ダブル女王の奴隷お披露目会ダブル女王の奴隷お披露目会 4

ダブル女王の奴隷お披露目会 4
ミストレスランド(Mistress Land)とは、女王様・S女性をメインとするさまざまなMプレイ映像を制作し、月額サイトの運営も行っている老舗のメーカーです。
ダブル女王の奴隷お披露目会 4

M男VR動画の一覧 - M男あんてなM男VR動画

M男動画出演女優

掲載コンテンツ「ダブル女王の奴隷お披露目会 4」に対するご意見、M男のコンテンツリクエストや要望などございましたら、コンタクトのページよりご連絡ください。